秋の北海道大冒険記 ~本編~ 第九章
d0103384_017297.jpg
九章になりました。
5日間の出来事をいったい何話にわけるんだ!?と
思っても思われても モーマンタイです。Noプロブレム!

第何章 をはじめてしまったからには
つづけてかなくっちゃね。
はじめたことは、終わるまできっちりと。それがかさんのモットーですから!笑

4日目の9/22の話です




札幌を夜中に出て
替え玉を使わず
自力で 札幌→旭川150km フッ飛ばしました。

このたびで天気にだけは恵まれていたので
初めての? 小雨風

向かうは、大学時代にテニスのダブルスを組んでた通称腐れ縁!
あのGRAYがまだ流行る以前に シングルのCDをガンガンにかけて愛車で爆走してたっけな!
ほんとうに多感な頃で、日焼けしても肌がつやつやで若くって!
ぶっとい太ももを出してテニスコートに立ってたね♪ ヽ(^o^)丿
涙が出るくらいなつかしくって きみが母になるなんて思ってもみなかったよ



夜中の12時過ぎに着いて写真ないの(>_<)
めんこい赤ちゃんだったよ、早産ですんごく心配したけどね。
3時頃までミルク飲ませてしゃべってたけど、流石に睡眠が欲しくなり。
小雨の降る旭川、この旅で一番冷えてたね。

アンゴラのスカートに柄タイツ、持っていった

迷ったケド、またとんぼ返りすることに。
で、一枚目の写真になるわけ。











とんぼ返りだったけど、前日も3時間くらいしか寝てなかったかさん。
居眠り運転START!な感じで慌てて道の駅を探す。
こんなときに限って、 出てくるみどりの看板はどこどこの出口の案内。
SA、北海道は少ないんだね。汗



やっと見っけた ”最北端のSA” らしい 砂川でzzz

一個だけの寝袋を 替え玉サンにかけてあげた優しいかさん。 寒い事も忘れただただ眠りの境地へ






目が覚めたときには、SAが混みはじめてて
ささとトイレ系(犬ごはん&水も)を済まし、 店内でラーメンを♪最高にうまかった~
d0103384_0253041.jpg


かわい子チャン達が、戻りを待つ。の図!
d0103384_0274129.jpg
お土産をかいあさっていざ出発!!













そのまま高速に乗って 函館へ と思ってたけれど
意外に道はすいすい~ なので ”登別” でヒトッ風呂浴びることにしました

_________________________________



d0103384_0355179.jpg
ICをおりるときから、すでに鬼は待ち構えていた!なつかしーー
d0103384_036452.jpg
登別と温泉街は違う方向だからねっ




わたしに聞いてね♪
d0103384_0322090.jpg


d0103384_0373345.jpg
さっきまで、こんなんなってたのに、鬼を見てやる気が出たのか!?

d0103384_038734.jpg
わたしもーーー鬼退治にいくよぉ~








d0103384_039196.jpg
道の先に温泉宿がずらり! 気づいてるかも知れないんだけど、写真運転しながら撮ってるのよね。。。。汗


車を置いて、地獄谷をみにいきまーす
d0103384_0445362.jpg
d0103384_045478.jpg
d0103384_0451115.jpg
d0103384_0451843.jpg
d0103384_0452913.jpg
d0103384_0453588.jpg
d0103384_0454637.jpg






日帰り入浴ができるばしょは5-6個あります。
2000円くらいが相場でして、たまたま声をかけてくれた仲居サンらしき若い女の子が
シャンプーとか備え付けがありませんが、安いところがあります。とねっ。

分相応ということで、温泉銭湯390円のさぎり湯へGOです。
d0103384_0553916.jpg
d0103384_0504792.jpg

裏玄関
d0103384_0512774.jpg
おおおーー昭和のつぶつぶ、まだ製造してたのかぁヽ(^o^)丿
銭湯てだけあって、風呂はいいんだけど洗い場混み混み、そんなご時世なのですね





d0103384_0561353.jpg
d0103384_0562254.jpg




クマ牧場の客寄せトラック!子牛チャンがキャーキャーいうと思って楽しみにしてたんだけどね
d0103384_0563078.jpg







まだお腹が減ってなかったので、
温泉卵と 温泉饅頭だけ食べ歩きして さぁて行きますか



第十章へ
[PR]
by club-kinoko | 2009-09-27 00:15 | ふつうじゃなぃきじ
<< 秋の北海道大冒険記 ~本編~ 第十章 秋の北海道大冒険記 ~本編~ 第八章 >>